パラアイスホッケー日本代表 上原大祐選手が ”楽トレR3” を体験されました!

平昌冬季パラアイスホッケー日本代表上原大祐選手が “楽トレR3” を体験されました!

上原大祐選手が、平昌パラリンピック大会出発前のお忙しい中、丸の内ヘルスケアラウンジの楽トレブースに来てくださいました!

上原選手と言えば、バンクーバーパラリンピックの銀メダルに続き、平昌でも活躍が期待されるトップアスリートです。
また、NPO法人「D-SHiPS32(ディーシップスミニ)」で障害を持つ子供のサポートや、NECオリンピック・パラリンピック推進本部でパラスポーツの推進活動など、スポーツを通じて様々な社会活動を展開されています。

 

上原選手に、当社楽トレトレーナー(多田)が “楽トレR3” の感想をうかがいました

多田:上原選手は普段どんなトレーニングをされていますか?

上原選手:普段は技術練習がほとんどです。

多田:フィジカルトレーニングではどんなことをされていますか?

上原選手:体幹を鍛えるトレーニングではメディシンボールを使ったり、半球型のバランスボールに乗って鍛えたりしています。ただ障害を持っていると体幹はやはり鍛えづらいですね。

多田:楽トレR3を体感してみて、いかがですか?

上原選手:腹筋がこんなに動くなんて初めてです。適度な疲労感を感じることが出来ました。左右の筋バランスがこんなに違うのだと驚きました。
選手のトレーニングだけではなく、コンディショニングを整えることやリハビリも出来そうです。

上原選手も認める “楽トレR3” 皆様もぜひお試しください!!

 

上原選手の、平昌パラリンピック大会パラアイスホッケーの日程はこちら↓
日本代表チームの活躍が楽しみです!

3月3日 日本出発
3月9日 平昌冬季パラリンピック開会
3月10日 15:30~ 韓国戦
3月11日 13:00~ アメリカ戦
3月13日 19:00~ チェコ戦

 

上原大祐
1981年 長野県生まれ。生まれつき二分脊椎という障害を持つ。19歳からパラアイスホッケーに本格的に取り組み、トリノ2006冬季パラリンピックで日本代表に選出される。
バンクーバー2010冬季パラリンピックの銀メダリスト。一度は現役を引退したが2017年に現役復帰し、日本代表選手として平昌2018冬季パラリンピック出場。
上原大祐選手オフィシャルHP